ヒューマンリレーション!

ヒューマンリレーション

仕事をする上でバイトも人間関係が大切

仕事をしていて人間関係は大きな影響を持ちます。社会人になって正社員として働き始めた場合、その職場での社員同志の仲が悪かったり、自分もその中にいたりしたら、嫌で会社を辞めたいと思うことも多いです。折角社会人になったので辞めたら後悔すると言う思いが交錯して精神的に参ったり、または結局退職するケースも多々あります。一方これがバイトでのことであれば、長い間いるわけでもないという思いもあり乗り切ろうと思う場合は多いです。逆にバイトだから直ぐに辞めて別な働き先を探そうと考える場合もあります。仕事をする上で、仕事はひとりでおこなうものではなく至る所でいろいろな人から力を借りたり貸したりすることが多いです。そのため自分が与えられた業務を達成するために関係が悪い職場の人に依頼したり、依頼されたりするケースがあります。依頼された場合にはそれに応えてあげることで乗り切ることができますが、依頼する場合に相手の態度によって自分の感情が左右されます。

バイトにおける人間関係

バイトとは、人間関係を学ぶ場所でもあり、そしてその経験が、社会へ出たときに役立つことも十分考えられるのです。まず、社員や先輩との円滑な関係を築く必要があります。叱られたり、厳しく指導されることによって、甘いだけではない社会のあり方を学びます。また、どのような仕事をすればよいのかも学べます。また、同僚との関係も学びます。いかに協力して仕事を行うか、馬が合わない人とどのように仕事の上で協力するか、トラブルが発生したときに、いかにそれを乗り越えるかを学びます。バイトでの人間関係は、学校でのそれとは大きく異なります。仕事という責任が伴っているため、自分が多少我慢をしても上手くやっていく必要があるためです。逆に言うと、それは学校では学ぶことができないものです。そういった意味でも、学生がバイトを行うことは非常に有意義なことであり、就職活動の際もその経験を話すことがメリットになる場合も非常に多いものです。

recommend

名古屋の骨董品買取はこちら

Last update:2017/11/2

▲ページ上部へ